畳アラカルト
Infomation
い草の特徴
畳の歴史
畳の歴史は日本の歴史
日本の住環境においてもっともなじみの深い建材でもある「畳」とは、どこから始まったものなのでしょうか? 多くの建材が中国や朝鮮などから伝播(でんぱ)されてきたものである中において、「畳」は日本において独自に考案、発展してきた建材なのです。 考え練り上げられた複雑な構造と高い機能性は日本の気候風土に根ざした日本の住文化の知恵の結晶とも言えるでしょう。
畳の文化は日本独特  
日本の文化は、中国大陸からの伝承をもとにしたものが多いのですが、 畳(たたみ)は日本民族の生活の知恵が生み出した固有のものであり、 湿度が高く、天候の変化が激しい日本の風土で、「敷物」として育てられ、伝承されてきました。
瑞穂(みずほ)の国にふさわしく、いなわらを利用して床をつくり、 インドより伝わった野生のい草を改良栽培して畳表(たたみおもて)を織り、 「畳」という素晴しい敷物をつくりあげたわけです。
明治以降の急速な文明開化の時代にも、畳は日本の住まいの敷物として重要な役割を果たしてきました。
フローリングの質が上がり、フローリング施行工事価格が安くなるに従って 畳の部屋がなくなりつつありますが、自然素材としての畳の良さはいまだもって健在です。
「畳」の文字は、古事記や日本書紀、万葉集などに「管畳」、「皮畳」「絹畳」といった記述で登場しており、 当時は、こうした敷物の総称で、畳める(たためる)もの、重ねるものの意味を持っていました。
奈良時代(710年~)  
平安時代の貴族現存する畳の古いものは奈良時代のもので、奈良東大寺の正倉院にある聖武天皇が使用した 「御床畳」(ゴショウノタタミ)という木製の台の上に置かれベッドとして使われたものです。 これは現在の畳と同じように真薦(マコモ)を編んだ筵(ムシロ)のようなものを5~6枚重ねて床として、 表にい草の菰(コモ)をかぶせて錦の縁をつけたものです。この台を二つ並べて 寝床として使われていました。 「古事記」に倭建命(やまとたけるのみこと)が東征の際、 弟橘姫(わとたちばなのひめ)が入水のくだりに「海に入らんとするときに、 菅畳八重、皮畳八重、絹畳八重を波のうえに敷きて、その上にくだりましき」とあり、 また神武天皇の御歌にも「あし原のしけき小屋にすが畳いやさやしきて我二人ねじ」ともあります。 古来から畳が敷物として使われていることがわかりますが、この頃は、 現在の莚(むしろ)のようなものであったと思われます。 794-1179年にはすでに畳はあったとされていますが、その前は敷物の一つにすぎなかったようです。
平安時代(794年~)  
やがて平安時代(794年~)になると貴族の邸宅が寝殿造 (しんでんづくり)の建築様式となり一般的な敷物として登場し始めます。 この頃より、現在現在の畳のように厚さが加わり、大きさの統一化が進んできました。 階級化が鮮明となった時代背景に合わせ、畳の大きさを階級により定めていました。 結果、これが畳の大きさの統一化を促進させることになったのです。
鎌倉時代(1192年~)  
鎌倉時代に入り書院造(しょいんづくり)が完成されると、 それまでは貴族の邸宅にあって客をもてなす座具として使われていたものが、 部屋全体に敷き詰めて使う一般的な床材として使われるようになり始めていきます。 この時代、床材として一般的になったとはいえ、まだ一般庶民の生活にはなく貴族の邸宅にのみ使われていたようです。
室町時代(1392年~)  
室町時代になって畳が部屋全体に敷きつめられるようになります。ここから書院造建築が発展していき、畳が広まったとされます。
江戸時代(1603年~)
桃山時代から江戸時代へと移るに従い、書院造は茶道の発展によって茶室の工夫や手段を取り入れた数寄屋風の書院造になっていきました。 茶室建築から畳はやがて町人の家に引き継がれていきます。
明治時代(1868年~)  
畳の規制(柄など)が解かれて、一般社会に広く普及するのは、明治維新後になります。畳干しをこまめに行って傷むのを防ぎ、表が焼けてきたら裏返しをして使うという、こうした習慣は今でも続いています。
現代(1990年~)  
板張り(フローリング)が、価格の安さと品質の安定と共に普及してきました。 和室の設計には障子などの付属物が必要となり、住宅価格のコストダウン化のため畳の部屋づくりが見送られることが多くなりました。
しかし、フローリングの不便さ(防音、断熱、くつろぎ感が不十分)も認識されて、畳の必要性を見直す動きもあり、フローリングに敷いて使用する「置き畳」など畳の新製品が普及しつつあります。
最近では、畳の素材も昔のい草とワラだけでなく、さまざまな機能を持った新しい化学素材などが開発されて使われるようになりました。
  • まつえい畳店 
  • まつえい畳店 
  • まつえい畳店 
  • まつえい畳店 
  • まつえい畳店 
  • まつえい畳店 
  • まつえい畳店 
  • まつえい畳店 
  • まつえい畳店 
  • まつえい畳店 
  • まつえい畳店 
  • まつえい畳店 
  • まつえい畳店 
  • まつえい畳店 
  • まつえい畳店 
  • まつえい畳店 
  • まつえい畳店 
  • まつえい畳店 
  • まつえい畳店 
  • まつえい畳店 
  • まつえい畳店 
  • まつえい畳店 
  • まつえい畳店 
  • まつえい畳店 
  • まつえい畳店 

お問合せ

0120-046-028お問い合わせ