畳アラカルト
Infomation
い草の特徴
畳の構造

通常、畳は「表」「床」「縁」の3つの部位から構成されています。 室内に敷き詰めた際に、表面に見える部分を「畳表」と呼びます。 この畳表が畳の芯となる部分「畳床」を包み込み、「表」と「床」を合わせる目的で縫い合わせるのが「畳縁」と呼ばれるものです。

[ 畳床 ]

畳と糊は畳の芯となる部分にあたります。もともとはわらを原料として作られていたもので、 乾燥わらを縦横い並べ糸締めしたものを何層にも積み重ね、それを圧縮して床上にしたものです。 その為に高い弾力と吸収湿性、保湿性、断熱性などに優れています。 四季の特徴のはっきりとした日本において快適な移住性を高めるために生み出された結果ともいえます。

畳は「表」「床」「縁」の3つの部位から構成されています
近年ではわらの代わりに建材を圧縮したものを使用したり、またはポリスチレン・フォームやインシュレーション・ボンドを間に挟み込んだ物もあります。細菌の健康志向、移住空間の多様化により建材を圧縮したものに炭を入れた商品も登場しています。建材を圧縮した畳床は軽量かつ低コストであり、断熱性にも優れ水を吸収しにくく、ダニ等の寄生虫なども発生しにくいので近年では多くのバリエーションとともに広く流通し始めています。商品を見る

[ 畳表 ]

畳表面の”ござ”の部分を呼びます。「い草」の茎を乾燥させて織り込んで作ったござで、 い草を緯糸(よこいと)に麻・絹を経糸(たていと)にして織り上げます。 畳床同様に天然素材に替わり化学繊維を用いた畳表も製品化されていますが、 天然の”い草”ほどの機能は発揮しないといわれ、まだ天然素材が主流となっています。 商品を見る

[ 畳縁 ]

畳床と畳表を包み込む事で畳を保護する役割を持つとともにさまざまな色合いや柄により部屋を飾る役割を持ちます。一般に畳床を包む際には長手方向に畳表を巻きつけ畳の裏側で畳床に縫い付けます。横方向に縫い付ける際に、畳縁を使用して畳床に縫い付けます。室内のデザインを統一し、華美な装飾を避ける方向にあるために、この縁無畳の人気が上がってきています。
商品を見る
  • まつえい畳店 
  • まつえい畳店 
  • まつえい畳店 
  • まつえい畳店 
  • まつえい畳店 
  • まつえい畳店 
  • まつえい畳店 
  • まつえい畳店 
  • まつえい畳店 
  • まつえい畳店 
  • まつえい畳店 
  • まつえい畳店 
  • まつえい畳店 
  • まつえい畳店 
  • まつえい畳店 
  • まつえい畳店 
  • まつえい畳店 
  • まつえい畳店 
  • まつえい畳店 
  • まつえい畳店 
  • まつえい畳店 
  • まつえい畳店 
  • まつえい畳店 
  • まつえい畳店 
  • まつえい畳店 

お問合せ

0120-046-028お問い合わせ